宿泊予約はこちら

金泉の水

猿投温泉 飲める温泉水 金泉の水

地下1200mから汲み上げた新鮮な天然温泉水

「天然温泉水」の力を直接体に。
愛知県で初めて飲泉許可を受けた
猿投温泉の天然ラドン温泉。

猿投温泉(さなげおんせん)は、愛知県豊田市にある
愛知高原国定公園内の霊峰猿投山麓に広がり、
二万坪の敷地を有している自然豊かな天然ラドン温泉です。
地下千二百メートルから湧き上がる源泉水を湧出口から直接採水、
その源泉は愛知県で初めて飲泉許可を受けた
まさに貴重な〝天然温泉水〟です。


昭和57年開業以来、全国から延べ一千万人弱のご来泉
いただいており、多くのお客様から長年に渡りご要望のあった
源泉温泉水を遂に商品化しました。

 

昭和57年開業以来、全国から延べ一千万人弱のお客様にご利用いただいている、
猿投温泉の確かさは広く証明されています。
また愛知県ではじめて飲泉許可を受けた、まさに貴重な温泉水です。
その源泉を飲用することで、温泉成分を体内へ取り込みます。
諸病の原因防止のためにはよい水を飲むことです。
地球の恵みが溶け込んだ温泉水は、
多くの方の健康維持のために愛用されています。

お電話でのご注文は 0565-45-6111まで

 

 

成 分

栄養成分表(100mlあたり)
○エネルギー 0cal    ○タンパク質、脂質、炭水化物 0g
○ナトリウム 1.69mg(食塩相当量 0g)    ○カルシウム 2.11mg    ○マグネシウム 0.04mg    ○カリウム 0.10mg
◎pH値・・・・・・8.3    ◎硬度・・・・・・・・54.3mg/L

硬水・軟水

地中の鉱物が溶けて含まれるミネラル(カルシウムやマグネシウム)の含有量が
多いのが硬水、少ないのが軟水。
金泉の水は、軟水・飲むと口当たりが軽くまろやかな感じがします。
日本の料理には「軟水」、体に合うお水を選ぶのが一番
軟水は素材の味を引き出しやすいので、
煮物などの日本料理に適していると言われています。
特にお米は水分が吸収されやすいので、ふっくらとおいしく炊き上がります。
また、コーヒーや緑茶などの風味を引き出しやすいのも軟水です。
もちろん、猿投温泉のおいしい料理に使用されているのも全て温泉源泉水です。

金泉の水はpH8.3の弱アルカリ性

pHとは水素イオン濃度の値で、0から14の数値で表されます。
0から14の真ん中である7の場合であれば
酸性でもアルカリ性でもない中性ということになります。
現代人は食生活の乱れ、喫煙、飲食、睡眠不足などで
pHバランスが酸性(疲労状態)に傾きやすいと言われています。
酸性体質・アルカリ性体質どちらも傾いてはよくありません。
中性に近い弱アルカリ性を保ちバランスがとれている状態は、
体の中の浸透圧の値と非常に近く、
負担がかからず、やさしい水分補給に適しているといわれています。

2018年3月21日、中日新聞に掲載されました!

徹底した衛生管理

猿投温泉 ホテル金泉閣

愛知高原国定公園内豊田市加納町馬道通21